誠心堂薬局グループ
誠心堂 鍼灸接骨院 行徳店

お電話受付 9:00~20:00

047(704)8649

鍼灸・接骨治療ともに予約優先(お待たせすることなくご案内致します)

  1. 接骨院トップ
  2. アトピー

アトピー

アトピーとは

アトピー性皮膚炎とは「増悪・寛解を繰り返す、そう痒のある湿疹を主病変とする疾患であり、患者の多くはアトピー素因を持つ(日本皮膚科学会)」と定義されています。

アトピー素因

1)家族歴・既往歴(気管支喘息、アレルギー性鼻炎・結膜炎、アトピー性皮膚炎のうちのいずれ、あるいは複数の疾患)、または

2)IgE抗体を産生し易い素因。

【アトピー性皮膚炎の診断基準】

  • 1.そう痒
  • 2.特徴的皮疹と分布
    • (1)皮疹は湿疹病変
      • 急性病変:紅斑、浸潤性紅斑、丘疹、漿液性丘疹、鱗屑、痂皮
      • 慢性病変:浸潤性紅斑・苔癬化病変、痒疹、鱗屑、痂皮
    • (2)分布
      • 左右対側性
        • 好発部位:前額、眼囲、口囲・口唇、耳介周囲、頸部、四肢関節部、体幹。
        • 参考となる年齢による特徴
          乳児期:頭、顔にはじまりしばしば体幹、四肢に下降。幼小児期:頸部、四肢屈曲部の病変。思春期・成人期:上半身(顔、頸、胸、背)に皮疹が強い傾向。
  • 3.慢性・反復性経過(しばしば新旧の皮疹が混在する):乳児では2ヵ月以上、その他では6ヵ月以上を慢性とする。

上記1、2、および3の項目を満たすものを、症状の軽重を問わずアトピー性皮膚炎と診断する。そのほかは急性あるいは慢性の湿疹とし、年齢や経過を参考にして診断する。

(日本皮膚科学会HPより抜粋)

アトピー性皮膚炎は乳児期から成人期まで、いずれの年齢でも発症しますが、乳児期の発症が最も多くなっています。自然に治まることもありますが、大人になって何かのきっかけで再発することもあり、季節や生活習慣により増悪・寛解を繰り返しながら経過が進みます。

「かゆみ」と「赤みのある湿疹」「浸出液でジュクジュクする」「乾燥」など、様々な症状があらわれます。


アトピーは皮膚のバリア機能の低下で起こる

体質的な要因と環境の要因が重なると症状がでたり増悪したりします。

例えばアトピーになりやすい体質であったり(アトピー素因)、アレルギー体質であることが皮膚のバリア機能の低下を招きます。正常肌とアトピー肌の違いはバリア機能なのです。

アトピーの方は炎症がない時でも皮膚の水分保持機能が低くバリア機能が低下し、実際皮膚表面の脂肪量は正常肌の方と比べ60%ほどになっています(ドライスキン)。また、皮膚をかきむしる事で皮膚のターンオーバー※が早くなってしまい(通常28日周期)、未熟な皮膚が表に出てきてしまいます。

※ターンオーバーとは肌が新陳代謝により生まれ変わることを言います。
肌は4層(奥から基底層⇒有棘層⇒顆粒層⇒角質層)になっており、基底層で生まれた細胞は最終的に角質細胞となり皮膚の表面にたどり着き自然に剥がれ落ちるサイクルを持っています。この肌が生まれ変わるサイクルをターンオーバーと呼びます。

皮膚が乾燥する、掻きむしる、皮膚が剥がれおちる、早いターンオーバーのサイクルにより未熟な皮膚が出来る、といったことで、皮膚に隙間が出来てしまいます。そうなることで、結果的に環境要因であるアレルゲンが容易に侵入し炎症を起こしてしまうのです。

アレルゲン(アトピー性皮膚炎の痒みを引き起こすもの)には、ほこり・だに・カビ・花粉・動物の毛・植物・紫外線・埃・汗・衣類による刺激・合わない化粧品や石けん、シャンプー等があり、その他、寝不足・ストレス過労や食べ物でも起こります。

これらのアレルゲンが侵入すると免疫機能の異常によりヒスタミンが分泌され炎症が起こります。また、バリア機能の低下した皮膚は刺激に対し敏感になるためより痒みを感じやすくなり、「掻きむしる⇒バリア機能の破壊⇒炎症の悪化」という悪循環に陥ってしまうのです。

正常な皮膚とバリア機能の壊れた皮膚


中医学で考えるアトピー

中医学では『皮膚は内臓の鏡』といわれます。

胃の調子が悪い時に口内炎が出来た経験はありませんか?皮膚と内臓は密接に関連していて、内臓の状態が皮膚に反映されるのです。

中医学をもとに鍼灸でアトピー治療をしていくには段階を踏みます。鍼灸により急性期には炎症を抑え、緩解期には内臓を整えることで健康な皮膚を作っていきます。しかし治療経過としては、アトピーは必ず良くなったり悪くなったりを繰り返しながら改善に向かいますので状態を見ながら炎症を抑える治療と健康な皮膚を作る治療のバランスを調整していきます。

アトピー性皮膚炎ではジュクジュクタイプ乾燥タイプ熱を持ったタイプ冷えタイプなど、様々なタイプが見られます。

あなたはどのタイプですか?

ジュクジュクしたタイプは、皮膚近くでの炎症が浸出液をだしているのです。浸出液があると炎症も治まりにくいですし、皮膚表面の細菌も繁殖しやすくなってしまいます。そのため、水分代謝を促すツボを使って皮膚表面の水分代謝を促しつつ、炎症を抑えるツボを使っていきます。

また乾燥タイプは、皮膚にしっかり血流が巡らずに乾燥しているため、血流を良くするツボを使って血液を皮膚表面に届けて潤し、健康な肌をつくる治療を行います。

アトピーが良くなるまでの流れ(針灸)

鍼灸で痒みのコントロールと皮膚の再生を促す

中医学でアトピーをどう考えて治療していくのかを先に説明しました。鍼灸で炎症を抑えながら健康な皮膚を作っていくのですが、治療の過程で大切なことは『掻きむしらない』ことです。

掻きむしる事で皮膚が損傷しアトピーは悪化してしまいます。また、皮膚が損傷すると神経が直接刺激されたり、皮膚近くに起こった炎症が神経を刺激したり、神経自体が過敏に反応するようになります。そのため、皮膚を壊さないための痒みのコントロールが大切になるのです。

アトピーの方には痒くなくとも掻いてしまう「掻きぐせ」を持つ方が多くいらっしゃいますが、意識して掻かないようにしてもらうことも大切です。

鍼灸治療では、痒みの周囲に鍼をすることで、痒みを感じにくくすることが出来るのです。そうすることで皮膚の損傷を抑え回復を助けます。

つまり、鍼灸治療では

(1)体質治療により皮膚の炎症を抑え、健康な皮膚を作る手伝いをする
(2)痒みの閾値を上げる(痒みを感じにくくする)ことで「掻きむしり」を減らし皮膚の損傷を抑え回復を助ける

という二つのアプローチからアトピー性皮膚炎を治療していきます。

ただし、治療で患者様にもご理解いただきたいのは、アトピーは良くなったり悪くなったりを繰り返しながら改善していくため、あせらずに治療に取り組んで頂きたいこと。
また、痒みを軽減させることは出来ますが皮膚が損傷している状態では神経が直接刺激されてしまうため、健康な皮膚が出来上がるまでは痒みがゼロになることは無いことです。

また、当院は誠心堂薬局との連携しておりますので、皮膚や体の状況により鍼灸・漢方など、トータルでの治療をご提案させて頂きます。

あなたの辛い症状を、体質に合わせた治療をすることで少しでも早く緩和していきませんか。

皮膚をきれいに保とう

ジュクジュクした所や掻きむしった後は細菌が繁殖しやすくなっていますのでシャワーで軽く洗い流し、皮膚を清潔に保つことが大切です。

体の洗い方のコツ

ボディーソープをしっかり泡立てて、タオルなどによる刺激を与えずに泡で洗いましょう
洗った後はシャワーできれいに体を流します。シャワーの刺激は弱めにして刺激を与えない様にしましょう
体を拭く際はタオルで軽く抑えるように拭いてください。ジュクジュクした部位と健康な皮膚を拭くタオルは分けましょう
シャワー後に薬を塗る際は皮膚がまだ湿り気のあるうちに行いましょう
時間がある時は湯船につかりましょう。ただし、熱いお風呂や刺激のある入浴剤は避けましょう
運動の後など、汗をかいた後は軽くシャワーで洗い流しましょう

 

リンク

ホームページに戻る